制作実例|多摩川スカイブリッジ完成橋梁内覧会の展示パネル

土木・橋梁

多摩川スカイブリッジの完成を記念した内覧会の展示パネルを制作しました。

制作のポイント

1. 内覧会の開催と展示パネルの意義

完成した橋梁を記念して行われた内覧会は、関係者全員の努力と成果を讃える場となりました。この内覧会を通じて、工事に携わった全ての人々の尽力に感謝の意を表すことを目的とし、展示パネルを制作しました。

2. 工事関係者の写真と名前

パネルには、橋梁工事に携わった全ての関係者の写真と名前を列挙しました。これにより、訪れる方々に彼らの顔と名前を知っていただき、その努力と貢献を称賛する機会を提供することができました。

3. 工事の年度と進捗状況

工事の進行状況を年度ごとに写真とともに詳しく記載しました。各年度の主要な進捗と現場の様子を視覚的に表現することで、長期間にわたる工事の過程を分かりやすく表現することができました。

4. 労をねぎらう展示

長期間の労をねぎらう意味を込めて、関係者全員への感謝のメッセージをパネルに盛り込みました。これにより、全ての工事関係者の努力が報われるようにしています。

5. 完成した橋梁の写真

パネルの背景には、見事に完成した橋梁の写真を大きく配置しました。この壮大な景観は、工事に携わった全ての人々の努力の結晶であり、その美しさを内覧会に訪れる方々に楽しんでいただけるようにしています。

6. 工事スタッフの思い出の写真

工事スタッフが思い出深く感じる写真もパネルに含めました。これにより、工事期間中のエピソードや思い出を共有し、内覧会に温かみと人間味を加えています。

制作のPRポイント

思い出深い内覧会を演出

この展示パネルを通じて、思い出深い内覧会を演出することができました。橋梁の完成を祝い、関係者全員がその努力と成果を共有する場となりました。この内覧会は、長い工事期間を振り返り、関係者全員の協力に感謝し、その絆を深める機会を演出することができました。

コメント