制作実例|橋梁の新技術を紹介する展示パネル

橋梁の新技術を紹介する展示パネル 土木・橋梁
橋梁の新技術を紹介する展示パネル

橋梁の新技術を紹介する展示パネルを制作しました。

制作のポイント

メインに簡単な2Dイラストを使い、わかりやすい説明とグラフを多用することで、製品の特長を効果的に伝えます。特に、実証実験のときの写真を使用することで、視覚的な信頼性を高めています。

また、展示パネルやポスターでは、極力文字を減らすことで、イラストや写真をめだたせ、複雑な内容でもシンプルでわかりやすい説明を心がけています。

Color Schemes

この展示パネルでは、企業カラーであるオレンジとイエローをメインに構成しました。

オレンジの役割

オレンジは、活気やエネルギー、温かさを象徴する色です。展示パネルやポスターにこの色を使用することで、視覚的に人々の目を引き、親しみやすさや信頼感を与えます。特に、企業の積極的な姿勢や情熱を表現するのに最適な色です。

イエローの役割

イエローは、明るさや希望、楽観性を象徴する色です。この色を展示パネルやポスターに取り入れることで、視覚的なインパクトを高め、ポジティブな印象を与えます。さらに、イエローは注意を引く効果があり、重要な情報やメッセージを強調するのに適しています。

実際の使用例

この制作事例でも、このオレンジとイエローの色彩スキームを活用することで、製品の特長をPRするとともに、企業のブランドイメージを強化し、視覚的なインパクトを高めることができました。

コメント